天井
重くこりかたまった
あたしは
地面にはりついて
ひどく近く見える天井を
目だけを動かして
見ている

なんの感情も
言葉もなく
ただ見ている

めずらしくもなんともない
天井をひたすら
眺めたり
睨み付けたりしている

そこに小さなシミを
発見できるわけでもなく
そこに光がさすのを
待つわけでもなく。


みたいなことを
毎日毎日
繰り返しているような
気がする
いまの職場にいることは
あたしにとって
そういうこと。


つらい日々だと言えば
そう、つらい。
だけど無関心でいれば
無痛な日々だと思えば。


あー誰か
山積している不安を
ひとふきに
消してくれたら
いいのになあ。


海外にいきたい
またバンクーバー
帰りたいよ
[PR]
by lilmickey | 2010-04-25 08:48 | Murmur!!!
<< しっかりしなきゃ うれしくって抱きあうよ >>