つわりは地獄だよねという話
ずいぶんご無沙汰しておりましたー
そんなご無沙汰のあいだに、
第二子の妊娠がわかりました。
今妊娠6ヶ月に入りました。

息子が赤ちゃん大好きで
赤ちゃん抱っこしてみたいと
よく言うようになったり
映画とかでも赤ちゃんが出てくるシーン見ると嬉しそうにしてて
きょうだいつくってあげたいなぁって
思っていたところだったので
すごく嬉しかったんです。
年齢も3学年差がいいなーって思ってて、
そうなったので希望通りになりました。
しかーし!

例にも漏れず今回も!つわりあったよ。
前回の息子のときもつわりはしっかりあって、
妊娠が判明してからすぐに始まりましたが
今回は6週後半くらいからのスタート。
今現在もスッキリ終わったー!って
思える感じではないのです。
夕方になると吐き気と倦怠感が。
けどピークに比べると本当に本当に
ずっとずっと良くなったので、乗り越えた!感じはあります。
体重はピークのときで5キロ減ったけど、
なんかすぐ戻っちゃった。笑

息子のときもなかなかきつくて、体重5kg減、
吐きづわりでした。
1日何度も吐いてはいたものの、
ちょこちょこ食べられるものがあったのと、
炭酸水を飲むとすっきりしたので水分はちゃんととれていました。
なので入院するほどひどくはならず。
けどねー、つらかった。
つわり時期が終わるとそのつらさ、
ケロッと忘れちゃうんだけど、
再度体験して思い出した。
そう、こんなんだった…
食べられたものは、いちご、トマト、オレンジなどの柑橘類、
あと何故かフランスパンなどの固いパン。
砂糖の入っていない炭酸水は救世主でしたね。
少しずつ良くなってきてからは、かっぱえびせんとか塩気のあるスナック類も。

しかし今回はまた、違うのね。
トマト、いちご、スイカなどの果物は大歓迎なんだけど、
柑橘系は今回ダメでした。
食べてるときはいいんだけど、食べたあとにひどい吐き気がして、食べるのやめました。
さっぱりして美味しいのに…食べたいのに…
今回はなんとなく胃酸過多状態になってるんだなーって自分で思ってました。
食べられそうなものを食べても、
すぐお腹すいてそれが吐き気になる。
胃液が大量に出てるから食べても一瞬で消化するんだ!!
って勝手に思ってたので、酸味のあるものは控えて、
胃液を中和してくれそうなココア飲んだり、
なんとなく胃液を吸ってくれそうなクラッカーとか蒸しパンとかを食べると
ちょっと楽になったような…
何かで調べたわけではなく自己流だったけど。

あとはもうずっと動けなくて横になってました。
息子には本当に申し訳ないことをした。
遊んでもやれない、どこかへ連れて行ってもあげられない。
ごはんも手抜きのものばかり。
掃除や洗濯もままならなくて、家の中も散らかりっぱなしだったし。

何度も吐いたので食道が荒れてしまったのか胸焼けがひどかったし、
のどの粘膜が傷ついたのか血も吐いたし…
さすがに血を吐いたときはびっくりしたけど、
嘔吐も何度も繰り返してると慣れるもんでね。
最終的には胃液をC.C.レモンみたいでおいしいとすら思うようになってました。

ほんとに、つわりは地獄だよね。
生き地獄だって何度も思って、
こんななら死んだほうがマシとすら思って、
でも自分じゃ死ぬ力もないから誰か殺してくれーって思って。
胎動も感じない時期だから、実感もそんなになくて、
お腹の赤ちゃんは頑張って大きくなろうとしてるのに、
もう勘弁して…と懇願してみたり。


本当に本当に地獄だった。
今回限りでもう妊娠は遠慮しますって思った。
本当は3人産みたいって思ってたけど無理。
息子のときは夫とわたしだけだったし
ごはんも夫が自分の分買ってきて
食べてくれたらそれでよかったけど
息子がいるとご飯支度しないわけにいかなくて、
息子の相手をしてあげないといけないからずっと布団にこもってることもできなくて。
つらくて何度泣いたことやら。
何度、なんでこんな仕打ちを!と思っただろう。
何度オエオエえずきながら、自分では食べられないご飯支度をしたことやら。
何度1人で遊ぶ息子の姿を見て、ごめんね、ごめんね、と思ったことか。
毎日疲れて帰ってくるのにお皿洗いしてくれる夫に対して、
何度「静かに寝ていたいのになんでこんな状態の私に息子の寝かしつけをさせるんだよ!!」と心の中で悪態をついたことか。
やってもみないのに「息子はママとじゃないと寝れないもんね」と言いつつ、
寝かしつけする努力すらしなかったこと、
いまだに根に持ってるけど。笑
でも休みの日には家事やってくれたり、
息子を遊びに連れ出してくれて、
私をそっとしといてくれたりして、
すごく助かったし良い夫だと思ってるよ。
とまあつわりの期間はいろいろあって本当につらい毎日だった。

今はつわりで食べられなかった反動なのか
めちゃくちゃお腹がすいて
絶え間ない飢餓感に悩まされてます。
体重管理しなきゃならないから、食べたいもの好きなだけ食べるわけにもいかず。

妊娠中ってほんっとーに、
いろいろつらいよね。
妊娠がわかってからはまず、
心拍確認できるまで気が気じゃなくて、
心拍確認できたら今度はつわり。
この世の終わりってくらいの吐き気を、
無休で味わう。
つわりが終わってようやく食べたいもの食べられるようになったら、
今度は体重を気にしなきゃならない。
安定期に入っても、お腹の中で赤ちゃんを育ててるっていう責任、
重圧、恐怖やその重みに押しつぶされそうになることもある。
ちゃんと無事に産まれてこれるまで、
しっかりお腹の中で育ててあげたい。
守り抜きたい。
それは寝ても覚めても、四六時中思ってることで、願ってることだけど、
もしそれができなかったらどうしようっていう、恐怖。
あなたの元気な産声をききたいよ、
だからお腹の中でしっかり大きくなってね、
ゆっくり待ってるからね、ってお腹に話しかける毎日。
お腹の張りとか、ちょっとした痛みとか、
体の不調や変化とか、そういう些細なことが、
もしかしたら赤ちゃんの命に関わることにつながるかもしれないから、
いつもいつも自分の体にも、周りにも気を配っていなきゃならない。
過敏になりすぎてるって思うこともあるけど、
絶対に守らなきゃいけないものを抱えてるから当たり前。
妊娠は体ももちろん大変だけど、それ以上に心がいつもより過敏になる。
後期に入ったらまた、胃が圧迫されて食べられなくなり、
腰痛やむくみが出やすくなったり、眠りが浅くなる。
体重も食べてなくてもなぜかどんどん増えたりして。
そうやって10ヶ月を乗り切って、
ようやく赤ちゃんに会えるんだから、
そりゃもう喜びは大きいし、奇跡とか、
小さな命の尊さを感じずにはいられないよね。
妊娠中って悪いことばかりじゃなくて、
お腹に赤ちゃんがいるってだけで、
幸せな気持ちになれるから温かい日々でもあるんだけどね。
赤ちゃんと繋がっていられる唯一の期間。
産まれた後は別々の人間として生きていくけど、
妊娠中は私と赤ちゃんは、一つの体を共有する一心同体で、その貴重な期間。

でもやっぱり、その分すごく大変だし、
つらいことも負担も大きいと思う。
赤ちゃんに会うためならどんなことでも結局がんばれちゃうけど。

そんなこんなで、
今は中期で安定してる時期なので、
マタニティライフを楽しめたらいいなぁって思ってます。

長々と書いたけど、そんな感じ!
以上つわりは地獄だよねという話でしたー
[PR]
by lilmickey | 2016-06-19 19:55
<< 情緒的なポプラ 生まれる才能 >>